スピリチュアルヒーリングとは

当スピリチュアルヒーリングは、基本的に、ある高波動エネルギーと繋がり、私を媒体として、クライアント様のオーラ上やチャクラの不調和の箇所に高波動で、かつ、超強力なエネルギーを送ったり、不要なエネルギーを取り除いたり、ブロックを浄化したりすることで、それら肉体的・霊的・精神的な不調和を解消に導くというエネルギー療法です。ヒーリングガイドや高次のスピリット達と共にヒーリングいたします。

当スピリチュアルヒーリングは、一般的なヒーリングのような≪エネルギーを送るだけ≫のヒーリングではなく、クライアント様の状態や波動に応じて、複数のヒーリングの技法やエネルギーを使い分け、霊視をし、浄化具合をみながら、ガイド達と共に世界トップレベルの超強力なエネルギーで浄化するので、本当に効果のあるヒーリングが可能となります。

ヒーリングガイドからの導きや直感によって、エネルギーやシンボルをダウンロードして使ったり、ヒーリングの技法をチャネリングして(ガイドからヒーリングの方法を教えてもらい)、ヒーリングを行うこともありますので、毎回その方の状態に適したオーダーメイドのヒーリングとなります。

plumeria5-1

※高次元のエネルギーを使うヒーリングといえども、ヒーラーのコンディションが万全でなく、疲れていたり、波動が低い状態にあれば、クライアント様のオーラ上にあるネガティブなエネルギーを感知することや、それを取り除くことも、高波動のエネルギーをたくさん流すこともできず、効果的なヒーリングを行うことはできません。また、クライアント様に良くない影響を及ぼす恐れがありますので、自分の波動には気を付けております。

★他の一般的なヒーリングとの違いを知りたい方はこちらをクリック♪
★ヒーリングを受けると、人生が好転する理由を知りたい方はこちらをクリック♪

【ヒーラーとは】

handflower1

肉体的or精神的or霊的な痛みを和らげ、癒しに導く者をヒーラーといいます。ヒーリングにも様々な分野があり、広義では、マッサージセラピスト、アロマセラピスト、気功師もヒーラーと言えますが、狭義のヒーラーは、霊的または神秘的な方法やエネルギーを用いて、他者の肉体的or精神的or霊的な不調和の改善に働きかけ、癒しに導く者を言います。

ヒーラーによって能力や得意分野が異なります。ヒーラーはパイプ(媒体)のような役目なので、そのパイプが太いか細いかで、クライアント様にどれだけの量のエネルギーを送れるかが異なりますし、ヒーラーの波動や能力によって、エネルギー量だけでなく、送るエネルギーの質(波動)も変わってきます。また、どれだけクライアント様の状態を読み取れるか、どう対応できるかということも変わってきます。

【オーラとは】

私たちは、肉体を持ったエネルギー体であり、肉体を取り囲むように存在している生命エネルギーのことを、「オーラ」と言います。オーラは7つの層から構成されています。全ての層のエネルギーがチャージされていて健康であれば、人生のあらゆる領域で満ち足りた経験をすることができますが、いずれかの層のエネルギーが弱いと、それに対応した経験をするのが難しく、人生は限られたものになってしまいます。

【チャクラとは】

チャクラとは、私たちのオーラ上に存在するエネルギーセンター(エネルギーの出入口)であり、エネルギーの供給と排出の役割をしています。チャクラは主要なもので7つあり、マイナーなチャクラは21個あります。チャクラはそれに対応する内臓や器官にエネルギーを供給したり、排出したりしており、私たちの肉体的または精神的健康と密接に関係しています。健康な時のチャクラは、時計回りに素早く回転しますが、抑圧・不安・不信・拒絶など、様々な精神的要因によってチャクラが閉じたり詰まったりして、エネルギーの流れが滞ったり欠乏することで、病気の原因になります。チャクラを通って入ってくるエネルギーの周波数が、それぞれのチャクラの色を決定しており、オーラの7つの層と関連しています。

チャクラの意味

チャクラ
(位置)
関係する領域 エネルギーの供給場所 調和の状態 エネルギー不足または、不調和の状態 肉体面の不調和
第7チャクラ
頭頂
創造的思考、普遍的な真実と知識・物事の本質の全体的な概念の広い理解、霊性、受容 脳上部、右目、皮膚 幸福感、人生に対する信頼、献身的、創造的思考、直接知、全人格とスピリチュアルなものの統合、物事の本質への広い理解 完全でありながら不完全性を持つ自己が理解できない、創造的思考の困難 うつ病、躁うつ病、てんかん、アルツハイマー病、痴ほう症、頭痛 紫 金 白
第6チャクラ
眉間
体の前後
洞察力、直感、記憶、
前のチャクラは、概念の理解、後ろのチャクラは思考を現実化すること
脳下垂体、脳下部、左目、鼻、耳、神経系 直観力や洞察力の明晰性、シンクロニシティ、思考の現実化、無条件の愛 神やスピリチュアルなものへの不信感、空想に耽る、狭い視野で物事を考える 頭痛、偏頭痛、眼精疲労、視力低下、めまい 藍色
第5チャクラ

体の前後
コミュニケーション、自己表現、真実を語ること、伝達力、与えること受け取ること 喉、声帯、甲状腺、副甲状腺、気管、
肺、食道、首、口、歯
円滑なコミュニケーション、表現力の豊かさ、誠実さ、自己の目的を知り、自分がいるべき場所にいるという理解 コミュニケーションが困難、言いたいことが言うのが困難、人の話に耳を傾けられない、無秩序、自己と他との一体感の欠如、ありのままの自分でいることが困難、自己表現が困難 甲状腺・喉・耳・歯・首の問題、肌や髪の問題、気管・肺・食道の問題
第4チャクラ

体の前後
体の前のチャクラは愛、
背中のチャクラは意志
心臓、循環器系、胸腺、迷走神経、背中上部 良好な人間関係、親切、誠実さ、愛情豊か、自己愛 孤独感、疎外感、愛する、または愛されることができない、思いやりの欠如、許すことが困難、憎しみ、依存、自己嫌悪 心臓・血圧の問題、喘息や呼吸器官の問題、肩や肩甲骨のこり、冷え性、血行不良
ピンク
第3チャクラ
みぞおち
体の前後
自分をどう思い、ケアしているか、人生における支配力、直感、知力、パワー 胃、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、神経系 活発で健康な知的活動、明晰性、強い意志、行動力、バイタリティ 抑圧された激しい怒りを抱えている、批判的、無気力、人の言いなり、傲慢、屁理屈、他人をコントロールしたり・される、自己のネガティブな決めつけ、自信のなさ(自分を信じられない)、パワーを持つことを恐れる 消化器不良、胸やけ、胃痛、潰瘍、吹き出物、慢性疲労、食欲不振、胃酸過多
第2チャクラ
下腹部
体の前後
感情、欲求、官能、性 子宮、卵巣、精巣などの生殖器、前立腺、泌尿器、骨盤、大腸、リンパ系 自分自身に対する感情を楽しむ、
自己愛、肉体的快感を楽しむ
創造的
自己嫌悪、自己否定、性欲の低下または過多、無感情、衝動的、依存、執着、感情に流される PMS、イライラ、不安感、月経不順、筋肉のこり、むくみ、血行不良、感染症、腎臓・膀胱の問題、勃起・射精困難、無オーガズム症、不妊 オレンジ
第1チャクラ
会陰
肉体感覚、生きる意志、生存、安定性 脊椎、脊柱、副腎、皮質、腎臓、直腸、結腸、大腸、膀胱、脚、血液、骨 グラウンディング、安心感、自信、活力、
快い肉体感覚、現実的
現実逃避、非現実的、自暴自棄、疲れて力が出ない、物質主義、頑固、不安感、喪失感、自尊心の低さ、帰属意識の欠如 痔、便秘、下痢、インポテンツ、足の問題、骨の病気